商品代印刷代送料コミコミ価格!オリジナルノベルティや除菌グッズが国内最大級の5,000点以上!法人様/個人様お取引可能

印刷代|送料|消費税|全てコミコミ価格!

印刷方法から探す
商品カテゴリから探す
特徴から探す
価格(単価)と数量から探す

※数量を入力すると価格帯が選択できるようになります。

2022.09.09

【2023年度版】ノベルティといえばオリジナルカレンダー! カレンダータイプ別の特徴とメリットをご紹介します!


仕事のスケジュールやプライベートの予定を管理するのに欠かせないのが「カレンダー」です。
今はパソコンやスマートフォンのスケジュールアプリを使う方も増えていますが、それでも「紙に書く方が好き」「紙に書いた方が忘れない」などという理由から、紙製カレンダーやダイアリー帳を愛用している方も多いのではないでしょうか。

カレンダーは年末年始のあいさつの品やノベルティとしても人気で、毎年さまざまなタイプのカレンダーが発売されています。
そこで今回は、カレンダーの人気商品とタイプ別の特徴をご紹介します!

2019~2021年度カレンダー人気ランキング

2019~2021年度 カレンダー売上ランキング
1位
ペーパーリング式卓上カレンダー(大)
2位
オリジナル卓上カレンダー8枚組
3位
オリジナル卓上カレンダー8枚組(B6ケース)
4位
セパレートリング式卓上カレンダー
5位
オリジナルエコリング式卓上カレンダー(大)
6位
セブンデイズセブンカラーズ(大)
7位
壁掛カレンダー(書き込みB3)
8位
オリジナル壁掛B3カレンダー(13枚綴り)
9位
小ロットマウスパッドカレンダー(光学式対応)
10位
オリジナルペーパーリング式卓上カレンダー(大)

ランキングは1位から6位を卓上カレンダーが独占。カレンダーノベルティは取引先へのご挨拶の品として配ることが多いですが、卓上カレンダーはオフィスのスタッフ一人ひとりに配れるため、より高いPR効果が期待できます。新型コロナの流行で取引先にリモートワークが増えたり、お客様に直接会いにくい状況が続いたりしたことも、卓上カレンダーが注目されている理由です。

カレンダータイプごとの特徴とメリット

カレンダーにはさまざまなタイプがあり、商品のバリエーションも多いので、ノベルティにどれを選ぶのがいいか悩んでしまいますよね。
ここでは代表的な5タイプの特徴と、それぞれのメリットについてご紹介します。

① 卓上カレンダー


机の上やカウンターなどに置いて使う卓上カレンダーは、取引先やお客様一人ひとりに配れるのがメリット。スケジュール帳のように使えて、予定の管理がしやすい機能性が魅力です。ビジネスでの実用性が高く、コストパフォーマンスにも優れているので、ノベルティでもよく選ばれています。
オフィス向けのノベルティには、予定の書き込みがしやすいものや前後月表示のあるもの、パソコンの周辺に収まるコンパクトなものが喜ばれます。SDGsへの取り組みを推進している企業は、スチール製のリングを紙製にしたペーパーリングタイプや紙製ホルダー入りがおススメです。

②壁掛けカレンダー


壁掛けカレンダーはA2(420×594mm)やB3(364×515mm)などの大きめサイズが多く、お客様に郵送しやすいA4(210×297mm)やA5(148 x210mm)の中綴じタイプも人気です。
個人の予定は卓上カレンダーで管理しても、オフィス共通の予定や家族で共有したいスケジュールは、みんなが見やすい壁掛けカレンダーがぴったり。
社名やブランド名を印刷する範囲が広いので、人の目に留まりやすいのもメリット。予定を書き込みやすいように暦部分を広くとったものが好まれますが、自社の商品やイメージを美しい写真やデザインで表現したカレンダーもインテリアのアクセントとして喜ばれます。

③ポスター型カレンダー


インパクトのあるビジュアルにカレンダーの機能をプラスしたポスター型カレンダーは、観光地の風景や地域のイベント、マスコットキャラクターのPRなどにぴったり。カレンダーの視認性が高く、ひと目で年間の予定を把握しやすいのがメリット。大判ですがリーズナブルで大量に印刷できるのもポイントです。

④日めくりカレンダー


毎日1枚ずつめくっていく懐かしいタイプですが、現在はカレンダーに雑学や名言、イラストなど、日替わりで楽しめる情報がプラスされた商品が増えています。
365枚のカレンダーを使って自社の商品やブランドをPRできるので、会社の個性やユニークさを表現しやすいのがメリットです。

⑤ 個性派カレンダー


個性派カレンダーのメリットは、普通のカレンダーにはないインパクトや便利な機能で、楽しく使ってもらえることです。
ランクイン商品のマウスパッド型カレンダーや組み立てるとペン立て型のホルダーになる卓上カレンダーは、オフィスで日常的に使うものと一体になっているのがポイント。下敷きやチケットファイルなどのステーショナリー型カレンダーは学生向けのノベルティにおススメです。
また、ハイスペックな商品やサービスを扱う企業には、プレミアムな雰囲気が漂うスタイリッシュな金属製の万年カレンダー、ファミリーや子どもがターゲット層の企業なら、ユニークなデザインのマスコット壁掛けカレンダーなど、企業イメージに合わせた個性派カレンダーがいろいろあります。

まとめ

カレンダーノベルティの多くは社名の名入れに対応しており、最近ではコーポレートカラーやSDGsなどのロゴのフルカラー印刷が可能に。希望の写真やイラストが選べ、暦部分のカスタマイズに対応した商品も増えており、簡単にオリジナルカレンダーが作れるようになっています。
ランキングでも自由度の高い商品が支持されているので、使いやすいのはもちろん、オリジナリティも加えられるカレンダーがノベルティの定番というわけです。

販促花子では無料デザイン作成ツール「デザつく」が利用できる商品もあり、豊富なデザインテンプレート(無料)を使って、簡単にオリジナルデザインのカレンダーが作れます。エクセル入稿用の専用テンプレートやヒアリングシートをもとに製作代行をするサービスなどのサポートもあるので安心ですよ!

「デザつく」の詳細はこちら↓


2023年度版の新商品も続々と入荷しているので、こちらもご覧になってくださいね!↓