印刷方法から探す
商品カテゴリから探す
特徴から探す
価格(単価)と数量から探す

※数量を入力すると価格帯が選択できるようになります。

オリジナルタオル・手ぬぐい

オリジナルタオル・手ぬぐいの特徴

何枚もらっても嬉しい!ノベルティの定番、タオルをオリジナルデザインまたは名入れで作成できます。
企業様への挨拶回りには粗品として名入れタオルを、イベントや物販にはイラストやロゴマークをカラー印刷できるシャーリングタオルを、その他ジャガードタオル、ベロアタオル、マイクロファイバータオルなど、ご要望のシーンに合わせて様々な種類からお選びいただけます。

オリジナルタオル・手ぬぐい人気ランキング

  • 印刷方法
  • サイズ
  • 種類
  • 目的・シーン

サイズからオリジナルタオル・手ぬぐいを選ぶ

目的・シーンからオリジナルタオル・手ぬぐいを選ぶ

オリジナルタオル・手ぬぐい の商品一覧(142件)

オリジナルタオル・手ぬぐいの制作事例

販促花子にてお客様が実際に作成されたオリジナルタオル・手ぬぐいの制作事例です。
印刷の仕上がりの確認や、どのような用途に利用したのかなど、ノベルティ制作でお悩みの方は、実物をご覧になってイメージを固めてみるのもおススメです!

オリジナルタオル・手ぬぐいの素材別メリット

パイル

一般的なタオルの生地に使われている素材。柔らかな手触りで、吸水性に優れています。
また夏だけでなく、生地の厚さなどを変えることで保温性も高めることができるため、オールシーズンで使用することができます。

シャーリング

パイル生地の表面をカットした生地です。
ループ状の部分をカットしたことで、表面が平らになり、多彩なデザインを綺麗に印刷することができます。

ベロア

高級感溢れる見た目、そして抜群の保温性があることがベロアの特徴です。
生地によってはオールシーズン使用できるものもあります。細かい部分も綺麗に印刷でき、優しくてふんわりしたデザインに仕上がります。

マイクロファイバー

吸水性・速乾性にとても優れている生地となっております。
マイクロファイバーは、繊維に多くの隙間があるため水だけでなく空気も多く含むことができます。 そのため、軽いうえに保温性も高いです。

オリジナルタオル・手ぬぐいの厚さ(匁)について

匁(もんめ)とはタオル生地の厚さ・重さを表す単位です。
匁の値が高いほど、生地の厚さが厚くなります。

一般的に温泉や健康ランドで使用されている名入れタオルは160匁くらいの薄めが主流で、ギフトや粗品や販売促進で使われる名入れタオルは180匁~240匁が多いようです。
厚みで価格が変わります。仕様で厚みを選び、価格を確認してください。

オリジナルタオル・手ぬぐいの印刷方法

タオルのデザインの表現には、「プリント」と「織り」の2種類が存在します。
弊社のプリントタオルは、プリントをきれいに仕上げるため、パイル部分を刈り取った「シャーリング生地」のタオルを使用しております。(一部の商品を除く)
詳しくは オリジナルタオルについて をご確認ください。

1色印刷(名入れ)

シルク印刷

シルク(絹)の幕を枠に張って印刷する方法です。 現在はシルクは使用せずナイロン・テトロンなどの素材が使われています。 曲面の物などにも印刷できるため、様々な媒体への印刷に利用されています。インクが厚く印刷されるので、耐久性にも優れています。 主に名入れ用のタオルへの印刷に使用されます。

顔料プリント(多色印刷)

顔料とは、着色に用いる粉末で水や油に溶けない性質があります。水に溶けないという性質上、化粧品や塗料などによく用いられます。印刷は、インクを物体の表面に定着させることで、高精密な色の再現を可能にします。

染料プリント(多色印刷)

染料とは、着色に用いる粉末で水や油に溶ける性質があります。水や油に完全に溶け混ざるため、紙や糸・布などの繊維に染み込みやすく、色が鮮やかに着色できます。対して光や熱に弱く、長時間日光などに当てると色が褪せる場合があります。

フルカラー印刷

インクジェット印刷

プリントヘッドから液状インクを吹きつけた後、UV光(紫外線)を照射することでインクを瞬時に硬化させ、素材に定着させる印刷方式です。フルカラーの写真やイラスト、ロゴマーク、グラデーションを鮮やかに再現でき、版が不要のため、小ロットでも安価で対応できます。また、様々な材質・カラー・形状の商品への名入れも可能です。

昇華転写印刷

主にマイクロファイバー生地や一部のベロア調タオルへの印刷に使われます。 印刷したいデザインを、昇華型インクと呼ばれる特殊なインクで転写紙に印刷し、その転写紙と製品を合わせて熱プレス機にかけることで、製品自体にインクを浸透させる印刷方法です。色の発色が鮮やかな他、版を必要としないため、小ロットの印刷に向いています。

オリジナルタオル・手ぬぐいの織り方

「織り」でデザインを表現するタオルのことを「ジャガードタオル」と呼びます。
織り方や糸の色でデザインを表現するので、タオル本体の風合いが残ります。
製造前に入念に型や機械を調整する必要があり、準備に時間がかかるため納期は長めになります。
詳しくは ジャガードタオルについて をご確認ください。

毛違いジャガード

2色の糸を織り込むことで、表と裏で色違いのデザインを表現する方法です。使用する糸の色を反対色にすると、デザインがより引き立ちます。糸の色は指定職の中からお選びいただくことができ、白糸を使用するかどうかで金額が変わります。

ジャガード上げ落ち

パイルの出る比率を、長い部分(上げ)と短い部分(落ち)で差異を付け、模様を表現する織り方です。高級感と上品さのある仕上がりになります。

ワッフル織り

その名の通り、お菓子のワッフルのようなマス目状の凹凸を持つ織り方です。立体感のある表面となり、肌触りがよく、吸水性に優れます。

オリジナルタオル・手ぬぐいの関連記事

オリジナルタオル・手ぬぐいのよくある質問

オリジナルタオルの染料プリントと顔料プリントの違いは何ですか?

顔料は白フチが出てもいいデザインの場合に使用します。一方、染料は端から端までベースカラーをプリントしたい場合に使用します。

オリジナルタオルのシャーリングとは何ですか?

パイル表面のループを刈り取って目を細かくしたタオルです。目が細かいのでプリントが綺麗に仕上がります。

オリジナルタオルのサンプルはどう請求するのですか?

会員登録後、ご希望の商品ページで"サンプル請求"ボタンをクリックしてお手続きを進めてください。

オリジナルタオルの見積書がほしいのですが?

自動見積書がダウンロードできます。
商品の詳細ページで"自動見積もり"をクリックし、数量や仕様・オプションを選択後、"見積書DL"をクリックして下さい。
マイページの「ダウンロードした見積書」で履歴を確認することができます。
特殊な仕様や自動見積もり対象外の数量の見積書を希望される場合、"質問する"から別途見積もりをご依頼ください。
自動見積もりの手順はこちら

オリジナルタオルのデータが作れないのですが?

一部商品にはWEB上で簡単にデザインが作れる無料サービス「デザつく」のご用意がございます。
詳しくはこちらをご覧ください。
デザつくについて

オリジナルタオルのお支払い方法にはどんな種類がありますか?

銀行振り込み(前払い)、クレジットカード決済のほか、
法人・個人事業主向けの決済サービス「GMO掛け払い」がご利用できます。

オリジナルタオルの支払いのタイミングは?

注文内容の確定後、お支払い方法を選択してお支払いいただきます。
お支払いの手順はこちら