効果の出るオリジナルノベルティがきっと見つかる!記念品や展示会用などにも!

印刷方法から探す
商品カテゴリから探す
特徴から探す
価格(単価)と数量から探す

※数量を入力すると価格帯が選択できるようになります。

2022.12.20

ノベルティとは?主な目的や選ぶ際のポイントを解説

展示会やイベント会場などで「ノベルティ」としてグッズを配っているのは、よく見かける光景でしょう。しかし、ノベルティの言葉の意味や配布目的がいまひとつわからない人も多いのではないでしょうか。本記事では、まずノベルティの概要について触れたうえで、ノベルティを配る目的やメリット、さらにグッズを選ぶ際のポイントなどについて詳しく解説します。

ノベルティとはどういったものか?

ノベルティとは、企業が自社の製品やサービスを広く知ってもらうために、無料で配布するグッズを指す言葉です。英語では「novelty」と表記します。英単語としての意味は「珍しさ」「目新しさ」「変わった小物商品」などであり、日本で一般的に使用されている意味合いとは少々異なります。単にノベルティと呼ぶだけではなく、ノベルティグッズや販促品、販促物などと表現されることもありますが、意味に大差はないと考えておいてよいでしょう。ノベルティの種類は、ボールペンやポケットティッシュ、トートバック、ステッカー、飲食物などさまざまです。

記念品と呼ばれるものとの違いが、いまひとつわからない人もいるのではないでしょうか。記念品は、企業や学校の節目となるイベントや店舗の周年記念などで制作し、配られます。企業の認知度向上や顧客獲得が狙いで制作・配布されるノベルティに対し、記念品は関係者への感謝を示したり思い出として記憶に残したりすることが主な目的です。

ノベルティを配る主な目的

ノベルティを配る最大の目的は、より多くの人に企業やサービスを知ってもらうことにあります。認知度アップのために、ノベルティには目立つ箇所に企業やブランドのロゴなどを入れるのが一般的です。ノベルティは記念品とは異なり、実用性の高いものを配る傾向もあります。その特徴を利用し、消費者にとって役立つノベルティを配り、企業のイメージアップを図ることも可能です。そこから得られるブランディング効果も大きな目的の一つといえるでしょう。結果的に、新規顧客やリピーターの獲得につながる効果も狙えます。

ノベルティに期待できるメリット

ノベルティには無難なものも少なくありませんが、ユニークなグッズを配ることで話題になりやすくなる効果が期待できます。消費者間の会話やSNSなどでノベルティが取り上げられ、企業名や商品名が爆発的に拡散されるケースも少なくありません。テレビCMや新聞広告と比べても、宣伝にかかるコストを低く抑えられる点もノベルティのメリットです。特に、地域密着型のビジネスを展開している企業にとっては有用でしょう。

ノベルティを手に取ってもらうことで、顧客に企業名やブランド名を思い出してもらう機会を増やす効果も狙えます。筆記用具やカレンダー、バッグやタンブラー、ガジェットのアクセサリーなど日常的に利用するノベルティの制作・配布は、消費者の生活に溶け込むことが可能です。利用するたびに企業名や商品名が目に入るため、愛着や信頼を感じやすくなる効果も期待できます。

ノベルティを選ぶ際の2つのポイント

ノベルティを選ぶ際には、ターゲットに適したグッズであるかどうかと、配りやすいかどうかの2点に気をつけることが大切です。ここでは、それぞれのポイントについて解説します。

ターゲットに適したものかどうか

ノベルティは、企業側の好みで制作・配布をしても、認知度アップや顧客獲得などの目的を十分に果たせません。あらかじめターゲットを絞り込み、そのターゲットに適したものを用意することで高い訴求力の発揮へとつながります。ターゲットは、主婦やビジネスマン、子どもなど、企業や商品ごとに異なるはずです。それぞれのターゲット層が受け取って嬉しいものを考え、ノベルティの選択を行う必要があります。

例えば、主婦層がターゲットであればクッキングペーパーや食材保存用バッグなど、キッチンで役立つものをノベルティとして配布するとよいでしょう。ビジネスマンであればクリアファイルやモバイルバッテリーなど、実用的なものが好まれる傾向があります。子どもに配るのであれば、飴やクッキー、チョコレートなどのお菓子が喜ばれるのではないでしょうか。

配りやすいかどうか

ノベルティは、配りやすく手軽に持ち運べるものを用意することを意識しましょう。大きくて重たいものは効率よく配るのが難しいことに加え、受け取る側としても負担になる可能性が高いためです。いくら無料でもらえるものでもバッグに入らなかったり極端に重かったりすれば、そもそも受け取ってもらえない恐れがあります。それではノベルティの効果を発揮するどころか、制作にかかったコストさえ無駄になりかねません。

受け取る側が瞬時に「これなら持って帰れる」「邪魔にならないだろう」と判断できるサイズや重量のものを選ぶことで、ノベルティの目的が果たされやすくなるでしょう。

ノベルティを作成するなら信頼と実績のある「販促花子」にお任せ

ノベルティは企業の認知度を向上させ、イメージアップにもつながります。しかし、消費者が喜ばないものを渡してしまうと逆効果にもなりかねません。ターゲットの絞り込みや品質にもこだわる必要があります。「販促花子」は100%品質を保証するノベルティ制作会社です。納品後でも、何か問題があれば即座に作り直して届けてくれます。ノベルティのことなら、創業100年以上の実績を持つ「販促花子」に任せてみてはいかがでしょうか。